2018年12月一覧

NO IMAGE

外国為替証拠金取引にトライするために…。

外国為替証拠金取引にトライするために、差し当たり外国為替証拠金取引口座開設をしようと思うのだけど、「どういった手順を踏めば開設ができるのか?」、「何に重点を置いて会社を選んだ方が正解なのか?」などと迷ってしまう人は少なくありません。儲けを生み出すためには、為替レートが注文を入れた時点でのレートよりも有利な方向に変化するまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と言い表わすのです。スワップポイントは、「金利の差額」であると言われていますが、実際的に手にできるスワップポイントは、外国為替証拠金取引会社に払うことになる手数料を引いた金額になります。MT4はこの世で一番使用されている外国為替証拠金取引自動売買ツールだという理由もあって、自動売買プログラムの種類が断然多いのも特徴だと考えます。「売り・買い」に関しては、何でもかんでも自動的に実行されるシステムトレードではありますが、システムの見直しは周期的に行なうことが必要不可欠で、その為には相場観を培うことが欠かせません。デイトレードと申しましても、「日毎投資をして収益を得よう」などとは思わない方が良いでしょう。無謀なこと...

NO IMAGE

海外FXにおける取り引きは…。

原則的に、本番トレード環境とデモトレードの環境を比較してみますと、前者の方が「トレード毎に1ピップスくらい収益が少なくなる」と心得ていた方がいいでしょう。為替の動きを予測する為に欠かせないのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事なのは「チャートから将来的な為替の方向性を推測する」テクニカル分析だとお伝えしておきます。最近では、いずれの海外FX会社も売買手数料はフリーにしていますが、その代わりという形でスプレッドがあり、そのスプレッドというものが現実的な海外FX会社の収益だと言えます。日計りトレードと呼ばれるものは、スキャルピングの売買の間隔を少し長くしたもので、実際には3~4時間程度から1日以内にポジションをなくしてしまうトレードだと指摘されています。MT4をおすすめする理由の1つが、チャート画面より即行で注文することが可能だということです。チャートをチェックしながら、そのチャート上で右クリックするというだけで、注文画面が立ち上がります。海外FXを行なう際の個人に許されているレバレッジ倍率は、昔は最高が50倍でしたから、「近年の最高25倍は高くない」と考えている方を見...

NO IMAGE

デイトレードというのは…。

システムトレードでは、EA(自動売買プログラム)によってテクニカルポイントに達した時に、システムがオートマチックに買ったり売ったりをします。しかしながら、自動売買プログラムに関しましては投資する人がセレクトする必要があります。申し込みに関しましては、外国為替証拠金取引業者の公式ホームページの外国為替証拠金取引口座開設ページから15~20分前後で完了すると思います。申し込みフォームに入力後に、必要書類をメールとかFAXなどを使用して送付し審査をしてもらうことになります。デイトレードに関しては、どの通貨ペアをチョイスするかも大切だと言えます。現実問題として、変動の大きい通貨ペアじゃないと、デイトレードで大きな利益を手にすることは困難だと断言します。デイトレードというのは、スキャルピングの売りと買いの時間的な間隔をある程度長めにしたもので、実際には2~3時間から24時間以内に決済を終えてしまうトレードだと解釈されています。売買する時の価格に幾らかの違いを設けるスプレッドは、FX会社に限らず銀行においても違う呼び名で取り入れています。しかも信じられないことに、その手数料がなんと外国為替証拠金取...

NO IMAGE

海外FXに関して調査していくと…。

スキャルピングとは、数秒~数分で極少収益を積み重ねていく超短期取引のことで、テクニカル指標だったりチャートに基づいて売買をするというものなのです。「デモトレードにおいて利益が出た」と言われても、現実の上でのリアルトレードで収益をあげられるかは全くの別問題だと思います。デモトレードというのは、どうしたってゲーム感覚になることがほとんどです。海外FX会社を比較するつもりなら、確認しなければいけないのは、取引条件ですね。一社毎に「スワップ金利」等が変わってくるので、個々人のトレードに対する考え方に見合った海外FX会社を、入念に比較した上で決めてください。海外FXに関して調査していくと、MT4というワードに出くわすことが多いです。MT4と申しますのは、フリーにて使用することが可能な海外FXソフトの名前で、利用価値の高いチャートや自動売買機能が搭載されているトレードツールのことを指します。日計りトレードと申しますのは、完全に1日ポジションを保持するというトレードを指すのではなく、本当のところはニューヨーク市場が1日の取引を閉める前に決済をするというトレードを言います。海外FXが日本国内であれよあ...

NO IMAGE

スワップポイントと呼ばれるものは…。

チャートの時系列的値動きを分析して、売買するタイミングの判定をすることをテクニカル分析と称するのですが、この分析さえ可能になったら、「買い時と売り時」も分かるようになることでしょう。トレードの一手法として、「為替が一定の方向に振れる短い時間に、幾らかでも利益をちゃんと稼ごう」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。スプレッドというものは、外国為替証拠金取引会社により大きく異なり、ご自身が外国為替証拠金取引で稼ぐためには、「買値と売値の価格差」が僅少であればあるほど有利ですので、それを勘案して外国為替証拠金取引会社を決定することが必要だと思います。FX取引に関しては、まるで「てこ」のように少ない額の証拠金で、最大25倍もの取り引きが許されており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称するのです。MT4をパソコンにインストールして、インターネットに繋いだ状態で一日24時間稼働させておけば、眠っている間も自動的に外国為替証拠金取引取り引きを完結してくれるわけです。スワップポイントと呼ばれるものは、ポジションを保持した日数分供与されます。毎日既定の時間にポジショ...

NO IMAGE

為替のトレンドも読み取ることができない状態での短期取引では…。

「デモトレードをやったところで、現実的な被害はないので、精神上の経験を積むことが非常に難しい!」、「自分自身のお金を投入してこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」と主張される方もいます。MT4で機能する自動トレードソフト(略称:EA)の開発者は色々な国に存在していて、ありのままの運用状況であったり書き込みなどを基に、更に実効性の高い自動売買ソフトの研究開発に精進しています。外国為替証拠金取引関連用語であるポジションと申しますのは、担保的な役割をする証拠金を投入して、スイスフラン/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを言うのです。余談ですが、外貨預金には「ポジション」という考え方は見当たりません。レバレッジに関しては、FXにおきまして当然のように活用されているシステムだと言えますが、現実の投資資金以上の売り買いをすることが可能ですから、少しの証拠金で多額の利益を生むこともできなくなありません。大半の外国為替証拠金取引会社が仮想通貨を用いての仮想トレード(デモトレード)環境を用意しています。本当のお金を使わないでデモトレード(トレード訓練)ができるわけですから、兎にも角にも試し...

NO IMAGE

外国為替証拠金取引に纏わることを検索していくと…。

スイングトレードを行なう場合の忠告としまして、パソコンの売買画面をチェックしていない時などに、急遽ビックリするような変動などがあった場合に対応できるように、スタート前に何らかの策を講じておきませんと、とんでもないことになってしまいます。「デモトレードでは実際にお金がかかっていないので、内面的な経験を積むことが不可能だ!」、「自分のお金でトレードしてこそ、初めて経験を積むことができるわけだ!」と言う方も稀ではないのです。外国為替証拠金取引に纏わることを検索していくと、MT4という文字に出くわすはずです。MT4というのは、無料にて使える外国為替証拠金取引ソフトで、有益なチャートや自動売買機能が実装されている取引ツールのことを指すのです。システムトレードでありましても、新たに注文するという際に、証拠金余力が最低証拠金の額に達していない場合は、新規にトレードすることはできないルールです。ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」に分類できますが、このポジションというのは、売買した後、約定しないでその状態をキープし続けている注文のことを意味します。外国為替証拠金取引で稼ごうと思...

NO IMAGE

買いと売りの2つのポジションを一緒に持つと…。

スイングトレードの強みは、「年がら年中パソコンの前に座りっ放しで、為替レートを追いかける必要がない」という点で、ビジネスマンにピッタリ合うトレード手法だと思われます。デイトレードと言われるのは、取引開始から24時間ポジションを維持するというトレードを指すのではなく、現実的にはニューヨークのマーケットが1日の取引を閉める前に決済を行なってしまうというトレードスタイルのことを言うのです。デイトレードの良いところと言いますと、次の日に持ち越すことなく完全に全てのポジションを決済しますから、結果が出るのが早いということだと思います。海外FXをやろうと思っているなら、最初に行なってほしいのが、海外FX会社を比較してあなたにマッチする海外FX会社を発見することではないでしょうか?比較する時のチェック項目が10項目程度ありますので、それぞれ詳述させていただきます。実際的には、本番のトレード環境とデモトレード環境を比べてみると、前者の方が「1回のトレードごとに1ピップス程度儲けが減る」と心得ていた方がいいでしょう。海外FX会社と申しますのは、各社共に特徴があり、得意とする部分や苦手な部分があるのが普通...

NO IMAGE

海外FXを始めようと思うのなら…。

トレードをする日の中で、為替が大きく振れるチャンスを逃すことなく取引するというのが日計りトレードになります。スワップ収入を目的とするのではなく、1日間という中でトレード回数を重ねて、少しずつ儲けに結び付けるというトレード法なのです。海外FX初心者にとっては、難しいだろうと思えるテクニカル分析なのですが、チャートの主要なパターンさえ認識すれば、値動きの予測が一段と容易くなると保証します。日計りトレードを実践するにあたっては、どの通貨ペアを選択するかも非常に重要な課題です。当然ですが、値動きの激しい通貨ペアを選ばないと、日計りトレードで儲けを出すことは難しいと言わざるを得ません。我が国と比べて、海外の銀行金利の方が高いということから、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXを行なうと貰えるスワップ金利です。買い値と売り値に一定の差を設けるスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行においても別称で導入しているのです。しかもびっくりするでしょうが、その手数料がなんと海外FX会社の180~200倍というところがかなり目に付きます。...