日計りトレードとは…。

トレンドが顕著になっている時間帯を選んで、その波にとって売買をするというのがトレードの基本です。日計りトレードは勿論、「熱くならない」「得意な相場状況で実践する」というのは、どんなトレード法に取り組
もうともとても大事なことです。
MT4は目下非常に多くの方に有効利用されている海外FX自動売買ツールであるという理由もあって、自動売買プログラムの種類がたくさんあるのも特徴だと考えます。
「常日頃チャートに注目するなんてことはほとんど不可能だ」、「為替に影響を及ぼす経済指標などを迅速に確かめることができない」とお考えの方でも、スイングトレードを行なうことにすればそんなことをする必要も
ないのです。
売る時と買う時の価格にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社に限らず銀行においても異なる呼び名で取り入れています。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料たるや海外FX会社の大体200倍
というところがかなり見られます。
日計りトレードとは、スキャルピングの売買間隔を更に長めにしたもので、一般的には3~4時間程度から24時間以内に決済を済ませるトレードだと理解されています。

トレードのやり方として、「値が上下どっちかの方向に変動する一定の時間内に、大きな額でなくてもいいから利益を絶対にもぎ取る」というのがスキャルピングというトレード法なのです。
申し込み自体は海外FX会社の公式Webサイトの海外FX口座開設画面より15~20分ほどの時間で完了するようになっています。申込フォームへの入力を終えましたら、必要書類をメールなどを使用して送付し審査
をしてもらうというわけです。
海外FXにつきましては、「外貨を売る」ということから取引のスタートを切ることもあるわけですが、このように外貨を保持することなく「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」となるわけで
す。
スキャルピングと呼ばれるのは、1売買あたり1円にもならない少ない利幅を追っ掛け、連日繰り返し取引をして利益を積み重ねる、特異なトレード手法になります。
相場の傾向も掴めていない状態での短期取引ということになれば、うまく行くとは思えません。やっぱりそれなりの知識とテクニックがないと話しになりませんから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングは無理だと
思います。

テクニカル分析をやろうという場合に何より大切なことは、一番にご自身にふさわしいチャートを見つけることだと考えます。そのあとでそれを繰り返す中で、あなた自身の売買法則を見い出すことが大切ではないでしょ
うか?
海外FX会社を比較するという状況でチェックしなければならないのは、取引条件です。海外FX会社により「スワップ金利」等の条件が違っていますので、個人個人の投資に対する考え方にフィットする海外FX会社を
、十二分に比較した上で選定してください。
テクニカル分析をする方法ということでは、大きな括りとして2種類あると言うことができます。チャートにされた内容を「人間が自分の目と経験で分析する」というものと、「パソコンが機械的に分析する」というもの
です。
海外FX取引において、一番多い取引スタイルだとされるのが「日計りトレード」になります。日毎確保できる利益を着実に押さえるというのが、このトレード法だと言えます。
例えば1円の変動でありましても、レバレッジ1倍の時は1万円の損益なのですが、10倍でしたら10万円の損益になるというわけです。要するに「レバレッジが高くなればなるほどリスクも高くなる」と考えられるわ
けです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする