スイングトレードで利益を出すためには…。

外国為替証拠金取引で稼ごうと思うのなら、外国為替証拠金取引会社を比較することが大切で、その上で各々の考えに即した会社を決めることが求められます。この外国為替証拠金取引会社を比較する時に考慮すべきポイ
ントをレクチャーしましょう。
外国為替証拠金取引の究極の利点はレバレッジに違いありませんが、しっかりと把握した上でレバレッジを掛けることにしませんと、正直申し上げてリスクを大きくするだけになると言っても過言ではありません。
テクニカル分析とは、為替の時系列変化をチャートという形で表して、更にはそのチャートを背景に、その後の相場の値動きを読み解くというものなのです。このテクニカル分析は、いつ売買したらいいかを知る時に役立
ちます。
スプレッドと言いますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の収益になる売買手数料の様なものですが、外国為替証拠金取引会社それぞれが個別にスプレッド幅を設定しています。
仮に1円の値動きであっても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益になるわけですが、10倍の時は10万円の損益になるわけです。簡単に言うならば「レバレッジが高倍率になるほどリスクも高くなってしまう」とい
うわけなのです。

FX取引におきましては、「てこ」の原理のように僅かな証拠金で、その何倍もの取り引きができるという規定があり、証拠金と実際の取り引き金額の倍率を「レバレッジ」と称しています。
スワップポイントについては、「金利の差額」であると思っていただいていいですが、実際的にもらえるスワップポイントは、外国為替証拠金取引会社の儲けである手数料を減算した金額だと考えてください。
証拠金を納めてどこかの国の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。その一方で、保持し続けている通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います

デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売り買いするタイミングをある程度長くしたもので、だいたい数時間程度から1日以内に売買を完結させてしまうトレードだと指摘されています。
スワップポイントというものは、ポジションを維持した日数分付与してもらえます。日々既定の時間にポジションを維持したままだと、その時点でスワップポイントが貰えるようになっています。

スイングトレードをやる場合の忠告として、トレード画面を閉じている時などに、気付かないうちに考えられないような暴落などが起きた場合に対応できるように、スタート前に手を打っておきませんと、大変な目に遭い
ます。
私自身は主としてデイトレードで取り引きをやっていましたが、この半年くらい前からは、より大きな儲けを出すことができるスイングトレード手法を採用して売買するようにしています。
1万米ドルを買って保持したままでいる状態のことを、「1万米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然のことですがドル高に振れた時には、売って利益をゲットしてください。
スイングトレードで利益を出すためには、それ相応の売買のやり方があるわけですが、当然ですがスイングトレードの基本が備わっていての話です。取り敢えずスイングトレードの基本を学ぶ必要があります。
スキャルピングと言われるのは、1トレードあたり1円未満という本当に小さな利幅を追っ掛け、連日繰り返し取引をして利益をストックし続ける、特殊な取り引き手法です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする