チャートの時系列的変動を分析して…。

スキャルピングというトレード法は、どちらかと言うと予見しやすい中・長期に亘る経済指標などは無視をして、どっちに転ぶか分からない戦いを直観的に、かつ可能な限り続けるというようなものではないでしょうか?

「売り買い」に関しましては、丸々機械的に展開されるEAトレードではありますが、システムの再検討は一定期間ごとに行なうことが不可欠で、その為には相場観を心得ることが肝心だと思います。
為替の動きを類推する時に行なうのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートの移り変わりを重視して、直近の値動きを推測する」テクニカル分析の方で間違いないでし
ょう。
EAトレードでは、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが必ず買ったり売ったりをします。但し、自動売買プログラムに関しては人が選択することが必要です。
スキャルピングとは、1分以内で小さな収益を取っていく超短期トレードのことで、テクニカル指標だったりチャートを鑑みて売り買いをするというものです。

スプレッドと申しますのは外貨の購入時と売却時の価格差のことで、FX会社の売り上げになる売買手数料とも言えるものですが、各海外FX会社で独自にスプレッド幅を決定しているのです。
チャートの時系列的変動を分析して、いつ「売り・買い」すべきかの決定を下すことをテクニカル分析と呼ぶわけですが、このテクニカル分析さえ可能になれば、買う時期と売る時期も自然とわかってくるはずです。
スイングトレードと言われているのは、当日のトレンドが結果を左右する短期売買とは異なり、「これまで為替がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード法だと断言します。
デモトレードに取り組んで利益をあげられた」としても、実際のリアルトレードで利益を得られるかは別問題です。デモトレードの場合は、やはり遊び感覚になってしまうのが一般的です。
トレードをする日の中で、為替が大きく変動するチャンスを狙って取引するのが日計りトレードなのです。スワップ収入狙いではなく、その日ごとに複数回トレードを実行して、上手に利益を手にするというトレード法だ
と言えます。

証拠金を担保に一定の通貨を購入し、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」と言います。一方、所有し続けている通貨を売却することを「ポジションの解消」と言うのです。
近頃のEAトレードをチェックしてみると、他の人が考えた、「キッチリと利益を生み出している売買ロジック」を加味して自動売買が可能となっているものがかなりあります。
為替の傾向も認識できていない状態での短期取引となれば、リスク管理もできるはずがありません。当たり前ですが、豊富な知識と経験が物を言いますから、始めたばかりの人にはスキャルピングは無理だと思います。
海外FX取引は、「ポジションを建てる&決済する」を反復することだと言えます。非常に単純な作業のように感じるでしょうが、ポジションを建てるタイミングであるとか決済に踏み切るタイミングは、とっても難しい
という感想を持つでしょう。
トレードの一手法として、「値が上下どっちかの方向に動くほんの数秒から数分の時間内に、僅少でもいいから利益を手堅くあげよう」というのがスキャルピングなのです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする