テクニカル分析とは…。

システムトレードというものに関しては、そのソフトウェアとそれを正確に動かすPCがあまりにも高額だったため、昔は一定以上の資金的に問題のないトレーダーだけが実践していたというのが実情です。
テクニカル分析とは、為替の変化をチャートで記録し、更にはそのチャートを踏まえて、その先の為替の値動きを類推するという分析法です。これは、売買するべきタイミングを理解する時に用いられます。
スプレッドと言われるのは、トレードにおける「買値と売値の差額」のことを指します。このスプレッドこそが外国為替証拠金取引会社の儲けとなるものであり、外国為替証拠金取引会社それぞれでその数値が違っていま
す。
トレンドが分かりやすい時間帯を選定して、その波に乗るというのがトレードにおいての一番肝になる部分ではないでしょうか?デイトレードだけに限らず、「タイミングを待つ」「相場が荒れている時はポジションを持
たない」というのは、どのようなトレード法を行なおうとも非常に大切なのです。
買い値と売り値にいくらかの差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行においても異なる名称で導入しているのです。しかもとんでもないことに、その手数料たるや外国為替証拠金取引会社のおよそ200倍という
ところがかなりあります。

スイングトレードの場合は、短くても数日から数週間、長期という場合には何カ月にもなるというようなトレード方法になりますので、いつも報道されるニュースなどを基に、直近の社会状況を予測し投資することができ
ます。
そこまで高額ではない証拠金の入金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが、考えている通りに値が進展してくれればビッグな利益を得ることができますが、その通りにならなかった場合はすごい被
害を受けることになるのです。
外国為替証拠金取引に関しまして調査していくと、MT4(メタトレーダー4)という文言をよく目にします。MT4と申しますのは、費用なしで使用可能な外国為替証拠金取引ソフトの名前で、いろいろ活用できるチャ
ートや自動売買機能が実装されている取引ツールのことを指すのです。
スワップポイントについては、ポジションを続けた日数分もらうことができます。日々ある時間にポジションを保有したままだと、その時点でスワップポイントがプラスされることになります。
スプレッド(≒手数料)に関しては、それ以外の金融商品と比較してみましても、ビックリするくらい安いです。実際のところ、株式投資だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円くらいは売買手数料を支払
う羽目になります。

今日では、どんな外国為替証拠金取引会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、別途スプレッドがあり、そのスプレッドが実質上の外国為替証拠金取引会社の収益だと言えます。
テクニカル分析をする時は、原則としてローソク足を時系列的に描写したチャートを利用することになります。見た感じハードルが高そうですが、的確に読み取ることができるようになると、投資の世界観も変わることで
しょう。
利益を確保するには、為替レートが注文を入れた時のものよりも有利になるまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をするのです。
トレードの戦略として、「為替が上下いずれか一方向に振れる最小単位の時間内に、僅少でもいいから利益を何が何でもあげよう」というのがスキャルピングというトレード法になるわけです。
外国為替証拠金取引の取引は、「ポジションを建てる~決済する」を反復することだと言えます。割と易しいことのように考えられるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミング又は決済を実施するタイミングは、
予想以上に難しいと感じることでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする