為替の上昇または下降の傾向が顕著な時間帯を選んで…。

海外FX開始前に、まずは海外FX口座開設をしようと考えているのだけど、「どんな順番で進めれば開設することが可能なのか?」、「どの様な海外FX会社を選択した方が良いのか?」などと頭を抱えてしまう人は非
常に多いです。
原則的に、本番のトレード環境とデモトレード環境を比べてみますと、前者の方が「1回のトレードごとに1pips程度収益が少なくなる」と思っていた方が間違いないでしょう。
EAトレードというのは、PCプログラムに従ってなされる自動売買取引のことで、売買開始前に決まりを設けておき、それに従う形でオートマチックに売買を繰り返すという取引です。
海外FXを進める上での個人に対するレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍だったことを考えますと、「今現在の最高25倍は大したことがない」と話す方を見かけるのも理解できますが、25倍でも想像以上
の収入に繋げることはできます。
テクニカル分析と言われるのは、相場の時系列的な動きをチャートで表示し、更にはそのチャートをベースに、それから先の相場の動きを推測するという分析法です。このテクニカル分析は、売買する時期を知る際に効果
を発揮するわけです。

為替の上昇または下降の傾向が顕著な時間帯を選んで、そのトレンドに乗って売り買いをするのがトレードに取り組む際の原則です。デイトレードは当然として、「心を落ち着かせる」「得意とする相場状況の時だけ売買
する」というのは、どんなトレード法に取り組もうとも忘れてはならないポイントです。
FX取引を行なう際には、「てこ」同様に低額の証拠金で、その額の何倍という取り引きが可能だとされており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言うのです。
初回入金額というのは、海外FX口座開設が終わった後に入金しなければならない最低必要金額を指します。最低必要金額の指定がない会社もありますが、1万0円必要というような金額指定をしているところも少なくな
いです。
MT4が優秀だという理由の1つが、チャート画面上から容易に注文可能だということなのです。チャートをチェックしながら、そのチャート上で右クリックすると、注文画面が開くようになっています。
「デモトレードに取り組んで儲けられた」と言われても、実際上のリアルトレードで収益を得ることができるとは限らないのです。デモトレードについては、正直言って遊び感覚になってしまいます。

スワップポイントと申しますのは、ポジションを継続した日数分享受することができます。日々定められた時間にポジションを保持したままだと、その時点でスワップポイントがプラスされます。
海外FXにおいては、「外貨を売る」という状態から取引をスタートすることも可能なわけですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売却している状態」のことも、「ポジションを持っている」という言われ方をし
ます。
証拠金を拠出して特定の通貨を買い、そのまま保有し続けていることを「ポジションを持つ」というふうに言います。逆に、維持している通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言います。
1万米ドルを購入してそのままにしている状態のことを、「1万米ドルの買いポジションを持っている」と言います。もちろんドル高へと進展した時には、売り決済をして利益を確保します。
スイングトレードで儲けを出すためには、そうなるべく取り引きの進め方があるのですが、当たり前ですがスイングトレードの基本を押さえた上での話です。何を置いてもスイングトレードの基本をマスターしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする